カウントダウンタイマーは無視して下さい

カウントダウンタイマーは無視して下さい

情報商材の販売ページにはよくカウントダウンタイマーと呼ばれるものが設置されています。

 

 

これは3日や5日など、販売者が指定した期限以内に見込み客が商材を買わない場合、販売ページにアクセスした消費者が2度と商品を購入できなくなるという仕組みです。

 

 

情報商材詐欺の販売者はよくこういった手法を使うことで有名ですが、決して騙されて安易に購入してしまうようなことが無いようにして下さい。

 

 

「早めに買わないと手に入らない」と思わせるのが目的

 

 

こんなものがカウントダウンタイマーと呼ばれるものです。

 

 

 

 

では商材の販売者がなぜカウントダウンタイマーなどというものを使用してくるのかといえば、答えは簡単です。

 

 

それは緊急性を煽り立て、早めに情報商材を買わないと2度と手に入らないようなノウハウだと思わせて、何が何でも高額な情報商材を売りさばくことが目的なのです。

 

 

情報商材販売者というのは基本的に自分の利益しか頭にない輩が圧倒的多数なのです。

 

 

そうした中で、いつでも商材を買えると消費者に思わせてしまうと結局購入率自体が低いままで売れないという場合も少なくありません。

 

 

そこでこうした時限式のタイマーなどを使うのです。

 

 

初回で商材の販売サイトにたどり着いた時から一定時間以内に買わないといけないと消費者に思わせれば、深刻な悩みなどを抱えている人ほどすぐに購入してしまいやすくなるのは明白です。

 

 

必ずしも詐欺だとは限らないが

 

 

やや矛盾した内容を書いてしまうかもしれませんが、誤解の無いように言いますと必ずしもこのカウントダウンタイマー(期間限定販売)というものが詐欺であるわけではありません。

 

 

そもそもとして資格取得の通信講座や、物販商品などでもこうした時限式タイマーを使ってくるということは普通に存在します。

 

 

期日・期間限定で商品やサービスを販売するというのはオフラインなどでも珍しくもなんともない光景ですからね。

 

 

また、情報商材でカウントダウンタイマーを使っている販売サイトが100%詐欺商品を扱っているかというと、それも断言はできません。

 

 

知る限り本当に素晴らしい商品を期間限定で売っている販売者もかつて存在はしました。

 

 

ただし、全般的に情報商材業界はその他の業界と比較して圧倒的に低品質・高価格な情報商品が多すぎるのです。そこに煽り売りとも呼べるこんなタイマーを使っていることが問題だと私は考えています。

 

 

実はその後も売り続けるという事例もあります

 

 

実はこのタイマーを使っていても結局は平然と情報商材を売りさばき続けるという情報商材屋も一定数存在はします。

 

 

どういうことかご説明しますと、いたって単純です。

 

 

タイマーの数字がゼロになればアクセスできないと思わせて、実際はその後も普通に販売ページにアクセスすることが出来たりする場合などです。

 

 

他にはタイマーがゼロを迎えた直後にまた最初からカウントが始まるというパターンです。

 

 

情報商材の販売者がアクセスした人間を煽って情報商材だけをとっとと買わせたいというような場合に非常に多いというのが私の経験上言えることです。

 

 

消費者を馬鹿にしているとしか思えないと思いますが、実際この業界はそうした連中も決して少なくはないというのが悲しいことに実態なのです。

 

 

近年では確かに減少はしていると思いますが、昔はひどかったですね。

 

 

インフォスタイルという即金系の楽して儲かる方法を教えるなどという情報商材は、本当にこうしたカウントダウンタイマーなどを多用していた記憶があります。

 

 

信頼できる情報は書店で普通に売っています

 

 

情報商材などに過度な期待をよせてしまうのは愚かだとしか言いようがないというのが私の個人的意見です。

 

 

カウントダウンタイマーなどにつられて、急いで買ったりしないようにして下さい。

 

 

情報商材などその殆どが一般書籍よりもはるかに劣るような中身しかないにもかかわらず、数万円で売られていることが普通です。

 

 

消費者がこうした部分で詐欺師の姑息な手段に騙されてしまうと、情報商材業界がいつまでたっても無くなりませんからね。

 

 

最初から信じないことが重要です。

関連ページ

推薦者・成功者の声を信じないこと
情報商材のセールスレターなどにはよく成功者の声や推薦者の声などが出てきます。しかし、これらは存在しない嘘の実績などの場合が非常に多く、信頼するに値するものではありません。それなので、決してこれらを信じて情報商材を買わないようにして下さい。
証拠画像もねつ造できるので注意
情報商材の販売サイトで、報酬実績などとして金額が書かれた画像を張り付けているものがありますが、これも同じように信じると痛い目を見ます。少し詳しい人ならば簡単にねつ造することは簡単にできてしまうので、証拠にはならないのです。
情報商材の返金保証を絶対に信用してはならない
情報商材の売り文句として、返金保証なるものがあります。しかし、返金しますと言いながらもまったく実際には返金に応じないことも沢山ありますので、騙されないで下さい。一番良いのは情報商材を買わないことです。
「無料プレゼント」という言葉に騙されないで
無料で動画などを配る詐欺師は多いですが、情報商材詐欺の入口としてこれは典型のパターンです。くれぐれも騙されないように注意して下さい。一度メールアドレスを登録してしまうとほぼ例外なくゴミのような情報商材のセールスが待ち構えています。
「大金を稼いでいるから偉い」という詭弁に騙されないこと
情報商材屋はよく自分たちが稼いでいるので、苦労して全くお金を稼いでいない奴らよりも世の中の役に立っているなどという自己弁護をしたがります。しかし、これは全くの的外れな理論ですので聞かないで下さい。
ワンタイムオファーもどんどん無視して下さい
情報商材、特に高額塾などはこうしたワンタイムオファーと呼ばれる手法を使ってきます。一度でもページを閉じてしまうと2度とアクセスできないなどと言い、消費者を心理をゆさぶって詐欺まがいの商品を買わせようとする手法です。
詐欺商材を見極める6つの方法
情報商材は買うまで中身が見えないものがほぼ全てなので、どうしても購入したい場合は事前にいくつかの注意点を踏まえて下調べをする必要があります。いきなり購入すると相当な高確率で騙されてしまうので注意しましょう。
「価格が高い=内容が良い」わけではないことを忘れずに
騙されてしまう典型として、情報商材が高いから内容が良いという思い込みを捨てられない人が騙されやすい人です。これは人間心理として当然ですが、これを正さないといつまでたっても搾取され続けてしまいますので目を覚まして下さい。
情報商材ASPの審査を信じないこと
インフォトップなどの情報商材ASPの審査というものを信じて購入すると、高確率で騙されることになります。こうしたASPの審査というのは殆ど無意味なものなので、信じないことが騙されない為のポイントです。
情報商材を売りつけているブログは殆どが詐欺です
情報商材のレビューなどという形で、商材の広告やURLなどを大量にのせているブログなどは、殆どが詐欺とみて間違いありません。経験上、こうしたものに何一つ真実はありませんので、騙されないで下さい。貴重なお金を奪われてしまうことになるからです。
ランキングや売れ筋商材も信頼材料にならない
情報商材には長年売れ続けているようなものもありますが、こうしたものをすぐに信じないことが重要です。ランキングや売れていますなどというものも、実際はほぼ無意味であることが圧倒的だからです。
無料の塾なども情報商材詐欺の入口
情報商材では、ブログなどから無料の○○塾などに入会した後に高額商品を売りつけられて騙されるということもあります。こうした無料塾なども大部分が詐欺ばかりなので注意して下さい。騙されない為には、最初から入会しないことが最良です。
情報商材販売者の出版物からも詐欺商材・セミナーに誘導される
商材詐欺師たちが、一般の本を出版することも実は少なくありません。ここから詐欺師たちは情報商材の販売ページに誘導するなどの手法を使ってくることもありますので、簡単に信じないようにしなければなりません。
情報商材詐欺師はテレビに出ることもある
テレビなどで情報商材の販売者などが放送されたことが過去に何度もありました。しかし、有名人だから安心ということは間違っても有り得ません。むしろその逆で、醜い詐欺師でしかないという方が経験上とても多いのです。
利潤率低下の法則を理解し、うまい話は有り得ないことを理解する
経済学には利潤率低下の法則というものがあります。これはどんなに利益率の高い商売でも、参入者などが増え続ければやがてその利益というのは必ず減少し、個人当たりの利益は減り続けるという法則です。情報商材に限らず、うまい話は存在しません。
「即金」という言葉が書かれたものを絶対信じないこと
情報商材で即金というものが付いた言葉の商材も間違いなく詐欺です。経験上、こうした即金の情報商材などでお金を稼ぐことができた試は1度もありません。騙されないことが大切です。
情報商材を一般的なビジネスに置き換えて考えてみる
一般のオフラインのビジネスは、それこそ簡単に楽して稼げるなどということは有り得ません。情報商材に騙されてしまう方は、この部分をもう一度再考して、騙されないための意識改革をする必要があります。
せどりの情報商材は詐欺商品がとても多い
せどり(転売)で稼ぐ情報商材には、詐欺的なものが非常に多いので注意が必要です。そもそもせどりは楽して簡単に稼げる分野ではなくなっているという事実に気が付かないと、あっという間に搾取されてしまうので気を付けて下さい。
どうしても情報商材を買いたい時は、捨てアドレスを使う
情報商材自体が詐欺商品ばかりなので、私個人は徹底的にお勧めしません。しかし、それでも欲しい情報商材がある場合は、必ず専用のメールアドレスを1つ作成し、購入しましょう。これは大量のスパムメール対策です。
不労所得を得られるのは資産がある人だけ
情報商材を購入しても不労所得が得られることは絶対に有り得ません。不労所得というのは、資産を持っている人だけが得られるものであり、資産が無い人が全自動で収入を得ることは絶対に不可能です。詐欺にあわないためにもこの点を認識して下さい。
セミナー映像や対談動画なども殆どが自作自演
よく無料動画などで出演している商材販売者などがいますが、これらの殆どはやらせです。つまり、詐欺師が仲間内で詐欺商材を売りさばくために演技で動画撮影をしたりしているだけですので騙されないようにして下さい。セミナー映像なども同様です。
「一発逆転しました」は詐欺商材に多い作り話
情報商材の詐欺に多いものが、「借金や低年収などで極貧だったが、この情報商材と出会って人生が激変した」ということを盛り込んでいるパターンです。こうしたものは詐欺である可能性が高くなりますので、一層の注意が必要です。
情報商材に門外不出の情報などまず有り得ない
情報商材のセールスレターに、よく「このノウハウは前代未聞で、他では手に入らないものです」などと書かれています。門外不出だなどということでしょうが、これはそもそも有り得ません。現代において情報というものはどんどん質の良いものでも簡単に手に入ることが圧倒的だからです。
サンクコストを捨てて、速やかに止めること
情報商材に限りませんが、詐欺被害にあった場合は過去に投下した資源、つまりサンクコストに固執せず、速やかに情報商材を買うのを止めることが大切です。次こそはと思い買い続けると、泥沼が待っていることが多いので気を付けましょう。
販売期間・数量限定という言葉に騙されないこと
詐欺商材は、「○○名様限定」などと書き記すことがよくあります。いわゆる人数制限なのですが、これを実は非常によく使ってくることが多いのです。しかし、実態は単なる詐欺師の販促方法にすぎない場合が殆どです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報 被害金を取り戻すには お問い合わせ