外に出さず、悪徳商法に巻き込む

監禁による退去妨害(消費者契約法第4条3項2号)

監禁による退去妨害(消費者契約法第4条3項2号)

監禁による退去妨害とは、消費者側が店内などから立ち去ることを許さず、意に沿わない形でセールスなどをかけ続けて退去させない行為を取り消す法律です。

 

 

これも不法行為ですから、万が一悪質だと判断した場合は遠慮なく契約の取消や通報なども行ってください。

 

 

監禁による退去妨害(消費者契約法第4条3項2号)

 

 

 

消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次に掲げる行為をしたことにより困惑し、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。

 

 


一  当該事業者に対し、当該消費者が、その住居又はその業務を行っている場所から退去すべき旨の意思を示したにもかかわらず、それらの場所から退去しないこと。

 

 


二当該事業者が当該消費者契約の締結について勧誘をしている場所から当該消費者が退去する旨の意思を示したにもかかわらず、その場所から当該消費者を退去させないこと。

 

 

これも不退去による取消と同じことですが、基本的に全てオフラインの詐欺行為や悪質な事業者によるものです。

 

 

 

監禁の定義を再確認すると

 

 

 

監禁とは何かというと、他者を一定の場所(空間)に閉じ込めるなどして、行動の自由を制限する行為全般を指します。

 

 

 

 

引用元コトバンク

 

 

 

これを悪質な詐欺・店舗などが行うというわけです。

 

 

 

個人的な実例はありませんが・・・

 

 

 

ちなみにこの監禁などというのは、私自身は不退去の時とは全く異なり、過去1度も被害を受けたことはありませんでした。

 

 

ただし、テレビなどでは警察24時などの番組で東京の某所などでよくありがちだそうです。

 

 

また、私の知人にはこの監禁を受けた人も中には存在しました。

 

 

 

どういうことかというと、悪質なボッタクリ店に知らずのうちに入店したところ、被害を受けてしまったそうです。

 

 

美容・マッサージの店か何かだったはずなのですが、その後料金プランが事前に説明されていたものと明らかに異なった料金を退店時に請求されたとのことでした。

 

 

 

 

 

知人
「あの〜、これ何でこんなに高いんですか?○○万円って、どう考えてもおかしいですよ!事前説明の時と料金が全く違うじゃありませんか!?」

 

店側
「いえ、これは正当な当店のプランによるものです。その事実はサービス開始前にお伝えしたのですから、料金を支払って頂けないとそちらが詐欺罪に問われますよ」

 

知人
「いやいや、そんな説明されていませんって!開始前は○千円と言っていたのはそっちでしょう?不当な過剰請求でしょう、コレ!」

 

店側
「支払えないならば、このままお店から出すわけにはいきませんね。また、警察などにも通報しなければならなくなりますけれど、どうしますか?」

 

知人
「知るかそんなもの。だったら警察でも何でも呼んでみろ!逆にこっちが訴えてやる!!」

 

 

 

・・・・おおよそ、こんな流れだったそうです。

 

 

私は直に直接同伴していたわけではないので詳細は知りませんが、これが監禁による退去妨害に該当する行為です。

 

 

 

ちなみにその知人は明らかに悪質なセールスの被害だと悟り、即座に警察と提携している弁護士事務所に連絡を入れて、無実を証明したそうです。

 

 

とんだ災難だったとは思いますが、こうした詐欺被害とも呼べる悪質な事業者も中には存在するので注意が必要だということです。

 

 

 

監禁罪は立派な犯罪行為に該当

 

 

 

実は刑法第220条には逮捕・監禁罪というものが存在します。

 

 

不当に室内に閉じ込めておく(施錠するなど)場合や、上記の事例などの場合は店内から退出させないという行動の自由を奪う行為に該当しますので、明らかに監禁罪が適用されます。

 

 

 

 

 

 

監禁による退去妨害をやらかすような事業者が存在した場合、刑法も適用される可能性が極めて高くなりますので、被害者側はこの部分も徹底して主張することが大切です。

 

関連ページ

消費者契約法とは何か
消費者契約法の目的とは、簡単に言うと売買契約における消費者の利益の保護です。情報の量や交渉力などで事業者に劣る個人が、騙し売りなどで損害を受けないようにすることを主目的としています。
不実告知(消費者契約法第4条)
不実告知とは、販売事業者が商品サービスを提供する際に、消費者に不利益になる事実を意図的に告げなかったことで消費者を誤認させることです。これは明らかに違法行為であり、消費者契約の解消、つまり返金をさせる正当な理由になります。
断定的判断の提供(消費者契約法第4条1項2号)
断定的判断の提供とは何かというと、不確実な事柄にも関わらず、結果や利益を保証するという名目で商品サービスを販売し、消費者を不当に誤認させて損害を負わせることです。騙し売りの一種だと考えて下されば構いません。
不利益事実の故意の不告知(消費者契約法第4条2項)
不利益事実の故意の不告知とは、販売者が消費者に利益となる事実を告げる一方で、不利益となるような重大な事実を故意に隠して販売するということです。不実告知とも似ていますが、少し違います。
不退去による取消(消費者契約法第4条3項1号)
不退去による取消は、主に訪問販売などで、消費者側が購入の意思は無く、帰って欲しいと意思表示をしても無視されて居座られる行為のことを指します。インターネットを介した詐欺には無関係ですが、悪質なオフラインの詐欺にはありがちなことです。
違法な消費者契約は無効にし、返金させることが可能
消費者契約法の効力では、違法な売買契約自体を無効にすることができます。つまり、売買契約自体を最初からなかったものとし、販売者に返金の義務を発生させることが可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報 被害金を取り戻すには お問い合わせ