ブログとメルマガ自体が詐欺の決定的証拠

詐欺アフィリエイターの証拠を収集するには

詐欺アフィリエイターの証拠を収集するには

詐欺商材のアフィリエイターも法的に販売者らと同様の賠償責任を負うという事は、すでにご存じの通りです。

 

 

それでは、こうしたアフィリエイターたちの法的責任を追及し、損害賠償を求めるために重要な証拠の集め方を今回はご案内いたします。

 

 

 

結論から先に申しますと、ブログとメールマガジンの文面。

 

 

 

この双方が決定的な詐欺(もしくは詐欺の幇助)の証拠になりえます。

 

 

なお、民事刑事問わず損害賠償などを求める場合は、メールマガジンは間違っても削除してしまったりしないようにして下さい。

 

 

後々になってから、大切な詐欺の証拠を自分で消してしまったと後悔することになってしまいますので。

 

 

ブログとメールマガジンを証拠として保存

 

 

まず、詐欺商材のアフィリエイター連中は自身の運営するブログ(サイト)とメールマガジンで、消費者らに詐欺商材のアフィリエイトを行います。

 

 

おおよそ、以下のようなものが該当します。

 

 

 

 

これは私が実際に受信した詐欺アフィリエイターのメールマガジンです。

 

 

こんなものが未だに私のもとに届いております。

 

 

メールシステムからの警告文を見ても分かる通り、ほぼ間違いなく詐欺確定です。

 

 

ですが、これも立派な詐欺師の証拠として機能します。

 

 

それなので、こうしたものを証拠として印刷しておくなり、別の自分のメールアドレスに転送するなりして、保管しておきましょう。

 

 

メールシステムによっては、メール自体を名前を付けて保存できるものもあります。

 

 

 

詐欺アフィリエイターのブログの証拠保存方法

 

 

 

 

 

次に、詐欺アフィリエイターからブログ経由で詐欺商材を買ってしまった場合などの証拠保存方法です。

 

 

まとめると以下の3つを保存して下さい。

 

 

 

1 ブログのURL(http○○○などのネット上の住所に該当する部分)


2 ブログ(サイト)の名称と運営者情報

 

 

3 詐欺商材を売りつけていた記事

 

 

ただしブログ記事などは縦長となる場合が非常に多く、セールスレターと同じ形式で全体をくまなく保存した方が証拠としての信頼性は高まります。

 

 

別の記事でもすでに書いた通りなので、コチラを参照して頂いた方が早いと思いますのでまだご存じでない方はご覧ください。

 

 

 

別記事情報商材詐欺の証拠を集める5つの方法

 

 

 

要約するならば、セールスレターと同じ方法です。

 

 

印刷やスクリーンショットの他、動画撮影・ブラウザの保存機能を使い、これらの部分を証拠にするのです。

 

 

 

ブログの記事などは証拠隠滅される恐れもあります

 

 

 

ただ、この方法もできる限り早めに実行することがとても重要です。

 

 

私も過去に詐欺商材の高額塾を購入したことがありました。

 

 

そして、同じ詐欺商品を購入してしまった他の方から聞いたお話では、ある人は情報商材アフィリエイターを経由して商材を買ったそうです。

 

 

勿論その情報商材アフィリエイターは、販売開始前は

 

 

「これなら稼げないはずがありません!」
「今までに見たことも無いノウハウでした」
「目からウロコの優良商材が登場!」

 

 

こんな言葉を多用し、消費者を煽っていたそうです。

 

 

ですがいざその高額塾が販売開始され、詐欺だと分かった1週間後くらいにこうした絶賛していた過去のブログ記事を全て削除していたそうです。

 

 

もうお分かりでしょうが、詐欺アフィリエイターが自身の詐欺行為の証拠を隠ぺいしたということです。

 

 

全く持ってこんな連中が起業家だ何だと呼ばれること自体、非常に私としても不愉快な限りですが、これが情報商材アフィリエイターの実態です。

 

 

こんなものばかりなのです、この業界は。

 

 

話を戻しますが、メールマガジンならば送られてきた詐欺商材の高評価・絶賛メールというものを消費者側で削除しない限り、安全に保管できます。

 

 

しかし、ブログに至っては完全に証拠記事を残しておくか消すかという決定権は、詐欺師(アフィリエイター)にあるのです。

 

 

万が一のことを考えるならば、アフィリエイトリンクから情報商材を購入する前に面倒だと思わず、しっかりと印刷するなどして証拠保存して下さい。

 

関連ページ

情報商材詐欺 返金させる方法
情報商材で詐欺被害を受けた場合、必ず騙されたという何らかの証拠が無ければなりません。この上で消費者側が販売者らに圧力をかけ、民事もしくは刑事訴訟という形で返金を勝ち取る方法などがあります。また、心構えについても解説させて頂きたいと思います。
情報商材詐欺の証拠を集める5つの方法
情報商材詐欺の証拠集めには、印刷とスクリーンショットの電子画像、それから動画撮影した映像にサイトを保存した電子ファイルが有効な証拠に成りえます。これらを踏まえてしっかりと解説しますので、必ず早めに証拠を集めて下さい。
情報商材アフィリエイターも同罪で、返金の義務を負います
情報商材のアフィリエイトをしている人間も、もし悪質な詐欺商品を使ってアフィリエイト報酬を得ていれば、詐欺罪が成立します。これは民法719条の共同不法行為に基づく損害賠償責任を同時に背負う事に起因します。決して泣き寝入りしない為にも、この部分をしっかりと理解して下さい。
情報商材アフィリエイターの住所などを特定する方法
アフィリエイターが匿名でも、不法行為を行った場合は、外部機関に情報開示を要求し、アフィリエイターの個人情報を特定することが可能です。この場合、最有力となるのは情報商材ASPです。
情報商材ASPにも完全な賠償責任が発生する
情報商材ASPにも、詐欺商材を販売してしまった場合、消費者への損害賠償責任が発生します。ましてや審査をしているなどと明記しているASPであれば、なおのことです。消費者はこの点を踏まえて泣き寝入りをしないように、強硬姿勢で返金を勝ち取って下さい。
情報商材の解約返金の法的根拠
誇大広告などがひどい詐欺商品を買ってしまった場合、消費者契約を解除して一方的に商品代金を返金させることが法的に認められています。情報商材販売者の返品には応じられないという主張も、一切気にする必要はありません。
詐欺ならばクーリングオフ期間外でも返金させることが可能
情報商材で詐欺被害を受けた場合、クーリングオフ期間を過ぎても売買契約を解除し、販売者らに返金を要求することが法的に可能です。泣き寝入りしないためにも、クーリングオフを無視して下さい。
消費者庁に通報すれば、返金が成功する場合も
情報商材の詐欺で返金させる場合には、消費者庁への通報も有効な場合があります。実際に過去に消費者庁が悪徳商材を詐欺認定し、処分した事例も存在します。諦めず、こうした外部機関の力を利用することを心がけて下さい。
探偵社は高額商材の詐欺で無い限り、使わない方が賢明
情報商材詐欺の場合、探偵社は基本的に使う必要はありません。なぜかと言うと、探偵社の目的は詐欺の情報収集が目的であって、強制力を持って返金を要請する権限が一切存在しないからです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報 被害金を取り戻すには お問い合わせ