販売者の住所や会社も嘘だらけ

架空の住所や会社名などを使う人間がとても多い業界

架空の住所や会社名などを使う人間がとても多い業界

情報商材業界の非常に困った問題点として、販売者らが架空の住所や会社名を使い、詐欺商品を売りさばいているということが挙げられます。

 

 

なぜこんなことをしているのかといえば簡単で、売りさばいているものが真っ当でないことが殆どだからです。

 

 

販売者が詐欺をしているという認識があるからこその行為なのですが、こんなことが横行しているのが今も昔も変わらない情報商材業界の実態です。

 

 

「住所が違うので届きませんでした」という知らせ

 

 

過去に、私の知っているとある情報商材販売者(詐欺師ではなく、価値のある商品の販売者です)の方が、別の商材販売者の特定商取引法に記載されている住所に書類を送付したことがありました。

 

 

しかし、結果どうなったかといえば予想通りでした。

 

 

住所相違で、発送した書類が郵便局から送り返されてきてしまったのです。

 

 

このことが意味するのは明白で、そもそもとして特定商取引法の住所を偽って販売者が商品を販売していたということです。

 

 

 

 

会社名も嘘だらけ

 

また、特定商取引に関する表示のページにある会社名などがあります。

 

 

情報商材の販売者などがここに書いてある会社名などは、同じように全くのデタラメだったということも少なくありません。

 

 

例えば、インターネットで会社の登記情報などを確認してみると、どこにも特定商取引のページに書いてある販売者の会社など存在しなかったというケースです。

 

 

 

「株式会社○○」

 

 

 

などと書いていながらも、実際は全く持って実態のないインチキ情報でしかなかったということは多々あります。

 

 

それなので、会社組織(法人名)を使っているから安心だなどと思わないこともとても大切なことです。

 

 

 

騙されてしまう人が泣き寝入りするしかない構図の原因

 

 

勿論、こうしたものは完全な法律違反ですので、明らかに販売者が不正手段を使っていることの証明に他なりません。

 

 

しかし問題はここからです。

 

 

情報商材自体が詐欺であった場合、こうした偽の住所や会社名などを使っていると、そもそも返金請求をかけようにも八方ふさがりになってしまいやすいのです。

 

 

書類も届かないし、電子メールや電話もまったく音信不通となれば、騙されてしまった消費者が泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

 

 

これが個人的に最大の問題だと考えています。

 

 

名前や顔写真も嘘である可能性もあります


 

 

 

 

また、ここまででお気づきの通り、

 

 

「そうなると、名前も偽名じゃないの?」
「顔写真とかも出しているけど、別人のものなんじゃないか?」
「全部信用できないね〜こんなんじゃ・・・」

 

 

このような疑問を抱かれる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

結論から申しますと、その可能性は十分にあります。

 

 

顔写真や名前すらも他人のもので、何一つ真実が無いということも十分にあり得ます。

 

 

むしろ、そうした販売者が過去に山ほど存在したからこそ、この業界は詐欺産業だという認識を持たれてしまったのですからね。

 

 

最近の大手情報商材ASPでは情報商材の審査時に身分証明書(公的なもの)の提出を義務付けているところもありますが、だとしても全面的に信頼する材料にはなりません。

 

 

事実、私が過去に購入した情報商材は、販売者の住所地などは正確であったのに、内容自体は詐欺同然の高額塾などが某ASPから販売されていましたからね。

 

 

本当に絶句してしまうのですが、こんな体質が未だに何1つ変化する気配も無いのです。だからこそ私もかかわりもしなくないと思い、完全に決別した次第です。

 

 

肝心な情報商材の中身自体の審査など、ロクにしていないザル審査だと言われ続けているので、結局は消費者が全面的に信頼できる材料など何1つないというのが実態です。

 

関連ページ

情報商材とは何か
情報商材とはお金儲けの方法や、ダイエット・健康・投資などの成功方法を極秘ノウハウとして情報商材ASPを通じて販売するというものです。一般書籍と原理は同じですが、被害者が後を絶たない悪徳商法として有名です。
情報商材が高い理由
情報商材がなぜあそこまで高額なのかというと、中身が優れているからではありません。単純に販売者とアフィリエイター、そして情報商材ASPの親ネズミたちが楽して大金を稼ぎたいから、派手な宣伝文句を使って情報商材を売りつけているのです。
情報商材と電子書籍の3つの違い
情報商材は電子書籍とどう違うのか言われますと、価格と内容の信頼性、事前確認の可否という3つの面から見て、明らかに別物だと断言できます。くれぐれも騙されないようにして下さい。
情報起業家が詐欺商材を売りさばいたので被害が急増
情報商材の詐欺被害が急増した理由の1つとして、情報商材を売れば自分も楽して儲けられるなどという人間たちが増えてしまったことが背景に存在します。もっというと、こうした情報商材のアフィリエイトなどを推奨するような詐欺師たちが増えてしまったことが最大の理由かもしれません。
アフィリエイターが詐欺被害を拡大
情報商材をアフィリエイトして仲介報酬(アフィリエイト報酬)を得ようとする人間らが、悪徳な詐欺商材を消費者に広く宣伝してしまったので、詐欺被害は急増してしまいました。私個人はこの情報商材アフィリエイターは心底大嫌いな詐欺師たちです。
情報商材屋は実業家ではありません
情報商材を売りつけている詐欺師たちは、断じて実業家などではありません。ただの犯罪者です。実業というのは人々の幸福に寄与する商品サービスなどを生み出して、提供する事業に関わる人のことです。
高額塾の深刻な詐欺被害
情報商材で近年高額塾というものが非常に多く確認されています。20万円や30万円、中には50万円以上もするようなものが出ていますが、値段相応の価値など全くないような事例も後を絶ちません。騙されないようにして下さい。
バックエンドやアップセルで詐欺被害も深刻に
情報商材はバックエンドなどの、次から次へと高額商品を買わせようとするような連中も数多く存在します。それなので、被害者自身もどんどん湯水のごとくお金を詐欺師に渡してしまうということも決して少なくありません。騙されない為にも知識武装して下さい。
商品を買うと、詐欺商材の売り込みメールが届く
情報商材の詐欺被害は、実は購入した後に終わるわけではありません。スパムメールなどで下らない詐欺商品の売り込みなどがひっきりなしに続くという事例も決して少なくないので注意が必要です。
被害者が加害者になってしまう情報商材ビジネス
情報商材詐欺では、実は被害を受けてしまった人が、お金を取り戻そうとするために逆に加害者となって詐欺をするようになるということも、実はあります。どこまでも罪深いゴミ産業なのですが、決して真似をしないようにして下さい。
情報商材の市場規模と詐欺被害の金額
情報商材の市場規模(売上高)は、200億円以上とも言われています。逆に言うと、これだけまだ騙されてしまう方が存在するということです。業界最大手のインフォトップやその他の情報商材ASPの売上高の合計ですが、今後まだまだ拡大されていく可能性が高いと言えます。
詐欺被害撲滅を偽る情報商材アフィリエイターも多数存在
情報商材をアフィリエイトしているブログなどには、詐欺商材などで騙された人々を救うなどとして、さらなる悪質な高額商品などを買わせようと誘導してくる人間たちも多数存在します。雨後の筍とはこのことですが、本当に終わりがありません。
被害金を取り戻そうと、さらに詐欺商材を買ってしまう消費者
情報商材に騙された人が、お金を取り戻すために立て続けてさらなる詐欺商材を購入してしまうことも多いです。しかし、情報商材自体が殆ど価値のないものだと気づけず、騙され続ける人も多いのが実態です。
情報商材のサポートも大した意味が無い
情報商材にはサポートなどが付いている場合が少なくありません。これは購入者の疑問などに対し、販売者側が逐一メールなどを使い、返答するというものです。一見すると良心的に見えますが、中にはサポートを付けますなどと書いておきながらも全くサポートをしないような販売者も少なくないのが実態です。
実績や経歴も平気で偽る情報商材屋
情報商材の詐欺師たちは、実績や経歴なども偽ってセールスレターなどに記載することも普通にあります。むしろそんなことばかりなので、あまり信じないようにして下さい。大事なお金をむしり取られてしまいます。
情報商材はヤフオクなどでも販売されている
詐欺的な情報商材は、オークションサイトでも売られています。むしろ、こうした場所で販売されているものでまともなものは殆ど存在しません。ヤフーオークションでもどこでもそうですが、信じないことが大切です。
知らない間に高額の月額課金がされていたということも
情報商材詐欺の問題の1つに、いつの間にか自動的に会員制サイトなどに登録されており、知らない間に高額のお金を課金されていたというケースがあります。これも実際はかなり悪質なケースが少なくありません。
詐欺商材のアフィリエイターが自作自演の絶賛記事を書く
アフィリエイター連中が、事実とは相反する詐欺商材の記事を量産し、意図的に検索エンジン上位に詐欺商材の宣伝記事を登録するということも実は少なくありません。これも詐欺業界の深い闇です。